リースの仕組

【リースの期間】上手に設定すれば断然有利です。

リース期間は、お客さまの希望によって、通常3~7年の間で決められますが、リース物件の法定耐用年数により、税務上のリース期間が定められています。リース期間の設定については、山陰総合リースの営業マンとご相談ください。

【リース料とお支払い方法】毎月均等支払が原則です。

リース料は毎月一定のリース料金をリース会社に支払う均等月払が原則です。リース料は、物件価格、固定資産税、保険料、金利などから成り立っています。お支払にあたっては、預金口座自動振替が便利です。

【契約期間中のアフターサービス】サービス内容は購入時と同様です。

リースの場合にも、購入した場合と同じように、直接メーカー・ディーラーによるアフターサービス・保証が受けられます。また、保守契約もお客様とメーカー(または代理店)とで直接行っていただきます。

【保険料と固定資産税】山陰総合リースが手続きを代行します。

リース物件には、通常、山陰総合リースが保険会社と契約を結び、動産総合保険を付保します。また、固定資産税についても、申告から納付まで、すべての手続きを山陰総合リースが行います。。

【リース期間終了後】再リースでも返却でも自由に選べます。

リース期間終了時に、物件をリース会社に返却するか、そのまま継続して使用(再リース)するか、いずれかを自由に選択することができます。再リースをされる場合のリース料は、当初契約の1/10程度と割安になり、一カ年分を一括前払いいただきます。